トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。

    おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。
    もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて利用は無料。

    「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは中には嫌がる人もいますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングにより上下しますので、その時の流行によってある一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    大手チェーンの中古車販売店の多くは、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することで受け取れるのが一般的ですが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うとポイントがたまるなどのケースがあります。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、査定だけでプレゼントが貰える場合があれば実際にやってみると大変お得でしょう。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    結果を連絡してもらうためにメールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、なるべく個人情報を開示したくないという人には便利なサービスですね。

    そして、電話やメールアドレスも記載せずに中古車の相場価格を知る手段としては、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、大して参考になったという意見はないですね。

    業者から高額査定を引き出すコツとしては、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    面倒な登録作業は数分で済み、一度の登録で幾つもの業者に査定依頼可能なので、時間も短くて済みますし、何度も同じ作業を繰り返すストレスもありません。

    もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者から我先にと営業電話がかかってくるため、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    年間走行距離数はおおよそ1万kmが標準といわれています。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といって査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化している場合があり、あまり歓迎されません。

    どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    事実を隠すという行動は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    全部というわけではありませんが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    一個人が持っている車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては戻ってくる制度があるわけではないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合にはプラス査定してくれるケースもあるのです。

    自動車重量税については査定士と要相談ということですね。

    愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、自動車の売買は個人同士でした方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。