トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。

    おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。
    もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて利用は無料。

    「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    買取業者などが中古車の査定をする場合に査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格を与えられることがありませんから、この民間資格を所持しているならば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということを証明してくれるはずです。

    今自分が乗っている車を売ってしまおうと考えついたときにすると良い行動のひとつに、無料一括査定サイトを使って査定する事がうまい選択肢でしょう。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、自らあちこちの店舗に出向かなくても最も高い金額を提示してくれる店舗を見つけ出すことが出来るのも良い点ですが、それ以外にも所持する車種の財産価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定額が高めに出る傾向があります。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好みがハッキリと分かれる傾向があるので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場により上下しますので、人気のある特定のボディーカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにも注意すべき点があります。

    そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに金銭面での記載についてはよく読んで理解しておく必要があります。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、契約書を交わすようにしましょう。

    中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると金額的に有利だという意見は根強いようです。

    ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。

    それより、天気や時間帯を気にせず短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いに決まっています。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    けれども貴重な休日をつぶしてまでいくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

    面倒な登録作業は数分で済み、一度の登録で幾つもの業者に査定依頼可能なので、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者から先を争って電話連絡が来ますから、気をつけてください。

    全社を指定してしまうと電話だけで大変です。

    中古自動車を見積もり査定に持って行く前に丁寧に洗車しておくと、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

    じっさいには車が洗車してあってもなくても、自動車の見積額が上乗せされるケースはほぼないのです。

    査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。

    車を雑に扱っていた人よりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに査定してもらえるので、一般の買取業者のように値段がつかないということがないのです。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、結果的にトクする方を選んでください。

    単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、売却サイドから考えても自動車が高く売れる好機であるのです。

    需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、同時に買取価格も連動して上がるのです。

    俗に決算月と呼ばれる3月と9月は中古車販売店はいつもよりも車を売ることに注力するので、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    さらに9月は、夏のボーナスが出てから時間も経っていないため順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。