トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。

    おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。
    もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて利用は無料。

    「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    買取のお店に行く暇がなかったとしても、中古車の見積もり可能なWEBサイトは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    もっと具体的な査定額に関して言えば査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことには一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    少数の例外はあるかもしれませんが、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

    自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会(JAAI)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、査定には指定の料金がかかります。

    それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。

    今持っている売却予定の車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を算出して示されたときには、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。

    査定の申し込みをしたからと言って、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    車の中がきれいに掃除してあったり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    ユーザー個人が出来る掃除であれば後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。

    査定時に車がきれいだと、気持ち良く値付けが出来ます。

    チェック項目に沿った査定とはいえ評価を入力するのは人ですし、査定額に与える心証効果というのは無視できません。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

    けれども、中古車買取業者に買い取ってもらう際は、日数があくこともあるわけです。

    どうしても車が必要であれば、あらかじめ査定を依頼する前に必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    会社や店舗ごとに取扱いの有無は変わるので早いうちから確認しておくことが大事です。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし同じ全損にも2通りあります。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、その時々の市場相場に基づいています。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は適正な金額を算定します。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積金額アップは望めなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車検を通してから車を売却する必要はあまりないと言って良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、安値をつける業者もいれば高値の業者もいるなど相場が確立しておらず、よく確かめもしないで売るとあとで後悔するはめになりかねません。

    最初から外車専門業者に的を絞ったほうが、独自の販路を持っていることから本来の価値に則した査定が可能です。

    しかし一口に輸入車と言っても、MINIなどの英国車専門店、BMWやアウディのセダン中心など特色を打ち出した店が多いです。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、自分の車を高く買い取ってくれそうな業者を見つけることが大事です。