トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。当然ですが、全国に対応していて利用は無料。「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    車買取の査定をするときに、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定にプラスされることが多いようです。

    ただ、最近発売されている車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、最新式のカーナビでない場合には見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

    そして、同じ理由によって車にカーナビがついていない状態では査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう主となる要因には何点かあるのですが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    酷いケースではゼロ円査定に低下する場合もあるのです。

    かといって、事故などで修理した車すべてが必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    Web上で中古車の一括査定を利用したいと考えているが、個人情報はなるべく公開したくないというときには匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    実査定の時や、売買契約を結ぶときには、必ず個人情報の記載を求められます。

    車の買取会社は古物営業法に則り、買取をした相手の住所や名前などの個人情報を記録しておくという義務があるのです。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    一度入力すればそれだけで何十社もの買取査定額をチェックできてしまうのですから非常に助かります。

    しかしそれにはデメリットもあるようです。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、24時間対応の業者などから深夜に連絡先の電話番号に電話がかかってきて家族中が迷惑したという声もあります。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は基本的には2つしかありません。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、足(車)がなくて不自由することはありませんが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも低い買取り価格になるようです。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、複数の会社が競いあうことになり、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに車の価値を算出していきます。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じで主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、改造パーツの有無、走行距離などです。

    専門家は多数の車を見てきていますし、修理歴を隠蔽したところでずっと隠し通せるものではないでしょう。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積金額アップは望めなくなります。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に車を手放す直前に車検を通しておく必要性は低いのです。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、ディーラーに下取りしてもらう方法、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    オークションに出そうとするときには、これから売却する自動車の写真や内容の説明を可能な限り理解しやすく記載することが厄介なトラブルを招かないようにするうえで必須項目になるでしょう。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    中古自動車売却に関して言えば、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。