トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。当然ですが、全国に対応していて利用は無料。「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    中古車の見積もりを行う場合に、カーナビ等のオプション品が付属していると査定にプラスされることが多いようです。

    ただ、最近発売されている車にはもはやカーナビゲーションシステムは標準装備なので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    そして、同じ理由によってカーナビゲーションシステムが付属していない場合には低く見積もられる場合も出てきます。

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、プラスの査定になることが多いでしょう。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好みがハッキリと分かれる傾向があるので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりけりなので、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    車の査定金額が下がる要因には幾つかあるのですが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    ケースによっては0円にまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    かといって、事故などで修理した車すべてが修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    車の買取を行っている店舗に車を持って行って査定してもらうつもりなら、待つことさえ厭わなければ予約は要りません。

    ただ、飛び込み査定のときは他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    ですから相場より安い価格で売却するなどという可能性も否めません。

    一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが満足のいく結果が出しやすいです。

    どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    虚偽申告は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、そうなると価格交渉どころではありません。

    それに事故歴や修復歴を偽るのは法律的には告知義務違反となり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    実際、契約書の中にも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    車を査定する際には車の所有者が必ず立ち会う必要があるなどとする強制的なルールはないものの、当事者がいないがために起きるかもしれない問題を回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、本人が査定に立ち会う方が良いです。

    トラブルの例としては、所有者がいなければわかるまいと元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で買取値を安く下げようとした例もあります。

    近頃販売されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムがほとんどと言えるでしょう。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていても査定額アップがそれ程期待できなくなったのです。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、見積もりをしてもらう前にあらかじめ外して別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売り払ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    維持費の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    これらを総合的に見ると、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。

    日常的に乗っている人がいなくなって、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

    でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。

    なので、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。