トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。

    おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。
    もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて利用は無料。

    「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    査定士や営業マンの話す内容を全部信用しきってしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    実際の査定の前に適正な査定金額が何円相当かしっかりと調査しておいて、下調べした金額よりも安く言われたときに値段の駆け引きをする準備をしておくと従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、ウェブで車の見積もりを行えるホームページはあっちにもこっちにも出来ています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は店舗の担当者が実際に査定して確認しないと一口では計算できないでしょうが、数多くの会社の査定金額が瞬時にわかるので、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    買取に出そうと考えている所有車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を出されたら、売らないと突っぱねることもできます。

    中古車見積もりを依頼したとしても、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。

    一番最初の見積金額では売れないと言うとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、新しいタイヤに交換してまで査定に臨む必要はないでしょう。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、買取業者側がタイヤを交換することもザラですから、投資するだけもったいないです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はたいしたものではありません。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても得することはほとんどないでしょう。

    車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。

    ウェブで簡易査定を受けた後、訪問査定などを経て買取額が提示されます。

    結果が不満であれば交渉しますし、納得のいく価格なら印鑑や必要な書類を整え、その業者と売買契約を締結します。

    その後、車両の引取りと所有者の名義変更といった型通りの手続きをもって買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これで売却に関するすべての作業が終わります。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということでガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすれば保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士に相談する以外、手はありません。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼しても買い取ってくれる会社が見つからなかったら、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    それにもし廃車にするとしても、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    廃車業者を利用するメリットは、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら車を売ってしまうことでかなりの節約になること請け合いです。

    維持費の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    以上の合計金額を計上すると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取対象となる車を実際に業者が採点していき、買取金額の提示となります。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そして価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で売主の口座に売却代金の振込があります。