トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。

    おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。
    もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて利用は無料。

    「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。






    車買取コラム

    たいていの場合、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、望んでもくれない場合が大半です。

    遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、有料での査定になっています。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは査定額が出ないことがあるのです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、廃車専門店へ買い取り依頼することもできますから、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    中古車販売の営業さんの話を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額がおおよそ幾らぐらいか調べておいて、相場価格よりも安く提案された際に価格交渉するつもりで心の準備をしておくとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    いままで乗っていた車を売却すると、一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    代替となる手段がある人は別として、仕事や通勤などで車が必須であれば必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でも受けてくれるというものではありません。

    車がないなんて考えられないという人なら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを業者に確認しておきましょう。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    修理歴等を偽って深刻する行為は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    それに事故歴や修復歴を偽るのはいわば告知義務違反ということになりますから、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    それに契約書をよく読んでいくとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかし新しいタイヤに交換してまで査定に臨む必要はないでしょう。

    車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、買い取ったあとに販売店のほうでタイヤを交換することも普通だからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額は所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    せっかく交換しても査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、車庫証明の手続きをしなければしけません。

    車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分で行っても良いでしょうね。

    自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    近頃販売されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが大部分です。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては査定額アップが望めるでしょう。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、買い取りに出す前に外してしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらには、還付金が生じるケースでも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    自分自身が自賠責保険会社に対して書類の手続きをして還付されるものなのです。