トップページ

    このサイトでは改造車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「改造車の買取をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    改造車を高く売却するために大事なことは、「いくつかの買取業者に改造車の査定してもらうこと」です。「手間がかかるから」という理由で1つの業者だけに買取査定を依頼したり、近所のディーラーで下取りをお願いしたりするのは間違いなく損をする(買取査定額が安くなる)ので注意してください。

    おすすめの車一括査定サービスを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から査定の見積もり概算価格を比較することができます。
    もちろん、利用料は完全無料で全国対応です。あなたが愛用してきた改造車を高く売るためにぜひ利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社へ改造車の買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国に対応していて利用は無料。

    「できることなら改造車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っている改造車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちの改造車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    改造車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っている改造車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで改造車で数年落ちでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10社が改造車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切にしてきた改造車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたの改造車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、複数の買取業者に査定依頼をして長い間愛用してきた改造車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    改造車の買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきた改造車を高額買取してもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が改造車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    それとは逆に赤や黄色などの原色系は好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりアップダウンするため、人気のある特定のボディーカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    オンラインで中古車一括査定サイトを利用するときのの短所には、依頼した中古車買取会社から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    自分からサイトを利用してアプローチしたわけですから、一概に悪いことだとは言えないでしょう。

    しかし、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、現実的に売却予定が立っていなくてももうすでに売却してしまったのだと言うことが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    オンラインで簡単に申し込める中古車の無料一括査定サイトを利用すると、自分が売ろうとしている車のおおよその査定相場を知ることが可能なのですごく便利ですね。

    パソコンだけではなくて、携帯やスマートフォンで利用可能ですから、空き時間や移動時間などちょっとした空き時間で有益な情報が得られます。

    しかしながら、注意点があって、査定申し込みをした多くの店舗から一気に電話攻勢が始まりますから、一気に電話で連絡されるのが嫌だったら、連絡手段がメールのところを探して利用するようにしてください。

    いままで乗っていた車を売却すると、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、どうしても車が必要だという人の場合はやはり代車手配ということになるでしょう。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でも受けてくれるというものではありません。

    もし必要だと思ったら、代車手配の有無については査定を申し込む前に一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、同じ全損にも2通りあります。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して適正な金額を算定します。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、そうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    個人間で調整したとしても保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所と対応を話し合う必要があります。

    単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、売却側にとっても自動車を高く売るチャンスですね。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、それにつられて買取価格も上昇していきます。

    一般的に会社の決算月である3月と9月は通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

    9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。

    最近販売されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが多くなりました。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときにはプラスの査定が期待できます。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    しかし、車売却の時には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されると言うことはないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。